210120 堀江貴文 / 『スマホ人生戦略』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★堀江貴文 / 『スマホ人生戦略 お金・教養・フォロワー35の行動スキル』

●キャズム

 端的に言えば「溝・隔絶」を意味する英語で、

“キャズムを超える”とは、エネルギーが一定の域に達したとき、

 一気に臨界点を超えてブレイクすることである。

 これはテクノロジーに限らず、起業などのビジネス、

 さらには僕たちの人生で費やされる「努力」の量にもあてはまるだろう。

●(インターネットによる)バザール空間

 まるで市場のように、多種多様の情報が所狭しと並べられた

 活気あふれるネット空間。これをバザールに例えたもの。

 これをIT用語に置き換えると、オープンソースになる。

●スマホで世界の人々と情報共有して行動していれば、

 無駄な技術開発を引き起こすことはない。

 閉鎖的な価値観を打ち崩し、新しい価値観を築いていける。

 形骸化した既存のシステムにも、既得権益にも邪魔をされずに、

 あなたはスマホで、新しいビジネスアイデアを自由に試すことができる。

□スティーブン・ソダーバーグ監督 映画「Unsane」

 全編iPhoneで撮影された。

●SNS Twitter、Facebook、Instagram、LINE

●ニュース NewsPicks、LINE NEWS、Gunosy

●どんな価値観で、情報をゲットするか。

(1)僕自身が楽しい、ワクワクするような情報

(2)普通の人が何気なく読んでいるものより、

 「情報の精度と信用度が高い」と感じられるもの。

●ソーシャルフィルタリング

 信用している筋が発信する情報を、集約して学ぶ。

 情報のフィルタリングの究極のツールは、人間の脳だ。

●社会で活躍する人材は、

 国籍や組織などの属性に関係なく、生き方や考え方、働き方において、

 ふたつに分かれていくだろう。

(1)G人材(グローバル志向型)

 フットワーク軽く、世界規模で活動する。

(2)L人材(ローカル志向型)

 絆や慣習を重んじて、ローカルベースに活動する。

●スマホとは何なのか?

 それは”身体拡張”を目的としたツールである。

 大量の情報処理能力を備え、

「人間」というスペックではできなかったことをできるようにする。

 つまり、「後天的に得た身体の一部」という考え方で取り扱うことが、

 スマホの本来の用途なのだ。

 ただし、身体拡張のツールとしてはまだまだ不完全で、

 発展させるべき余地がある。

●Amazon Alexaを搭載したスマートグラス「Echo Frames」

●フリック入力

フリック(Flick)は、英語で「素早く動かす」「弾く」の意。

スマホやタブレットを使う際に、

タッチパネル上で指を動かして行う操作方法のこと。

#読書 #人生訓 #ビジネス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA