200205 ひきたよしあき / 『机の前に貼る一行』4 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★ひきたよしあき / 『机の前に貼る一行』

●すきっていいね、たのしいな

 詩人 谷川俊太郎の言葉。

 すき好きノート

「このノートには自分の好きなものしかかかない」と決めます。

 好きな動物?好きな大人?好きな色?どこが好き?

 とにかく自分が好きだと思うものだけを

 絵でも文章でもいいからかきましょう。

 はずかしがらずにどんどんかくのがコツです。

●いただきます ごちそうさま

「いただきます」は、「命をいただく」という意味だと言われています。

 自分のために大切な命を差し出してくれた動植物に対して、

 私たちは「命をいただきます。いただいた命をむだには使いません」と

 心をこめて「いただきます」と言います。

「ごちそうさま」の「ちそう」は、「馳走」と書きます。

 お客さまのために走り回ること。

 料理をしてくれた人は、あなたのために忙しい時間をけずって

 おいしいものを作ってくれたのです。

 その走り回ってくれたことに感謝して、

「ごちそうさま」とあいさつするのです。

●おまへ(え)はなにをして来たのだ

 中原中也「帰郷」からの一節。

●モンゴメリ『赤毛のアン』に出てくる言葉

「いま曲がり角にきたのよ。

 曲がり角を曲がった先に何があるのかは、わからないの。

 でも、きっと一番よいものにちがいないと思うの。」

●心触りまで良い本を。

 杉浦範茂(すぎうらはんも)『絵本の絵を読み解く』に出てくる言葉。

●笑わせた人が勝ち

「だれかを笑わせることは人間にしかできません。

 おこらせたり、泣かせたりするよるよりも、

 相手を笑顔にすることをまず考えましょう。

 どんな時でも最後は笑わせた人が勝つんだよ。」

●置き手紙は、人を思い、行動したから書けるもの。

●信頼がなければパスはこない

 だれかのために働くことが少ないと、信頼って得られないものなんです。

 パスを回してほしければ、技術をみがくだけでなく、

 チーム員からの信頼も得ること。

「あいつならやってくれる」とみんなが思う人間力をつけましょう。

 今日、一つでもいい。

 だれかのために何かをやってみましょう。

 見ている人がいなくてもやってみる。

 その小さな積み重ねがあなたの「信頼」をつくるのです。

●生き物が死んで体は透明になっても、ずっと心で生き続けます。

 あなたの強い味方になってくれます。

 だから、ちゃんと世話をしましょう。

●O・ヘンリー『最後のひと葉』

●かめよ、かめよ、食べものを

 黒柳徹子『窓ぎわのトットちゃん』の中の言葉。

 大きくなれば好ききらいが治る人もいます。

 でも、今、好ききらいをなくすには、

「かむ」ことに集中するのが一番です。

 どんなものが口に入っているかを考えない。

 食べ物が小さくなるまでかむ。そしてのみこむ。

 終わったら、「よくやった!」と自分をほめましょう。

 まずは自分の好きなものから始めましょう。

●おそろしいのは嫉妬です。そいつは緑色の目をした怪獣です。

 イギリスの劇作家 シェークスピア『オセロー』の中の一節です。

 でもよく考えてみると、嫉妬はむだなエネルギーなんだよね。

 どんなにがんばったところで、

 うらやんでいる相手に自分が代われるわけがない。

 結局、嫉妬は、自分自身が「ああでもない、こうでもない」

 と考えて作り出した妄想のおばけ。

 だから、嫉妬心がわいてきたら「あぁ、また怪獣がさわいでるな」

 とすずしい顔をしていればいい。

 自分で妄想しなければ、嫉妬の怪獣は育ちません。

●ささいな偶然が人生を変える。

 アメリカの経済学者 ロバート・H・フランクの言葉。

 あなたの周りにも偶然はたくさんあるはずです。

 それをその場限りに終わらせず、ねばり強くほり下げる。

 そうすれば、偶然の下に眠る成功の鍵を見つけることができるのです。

●さまざまのこと思ひ出す(おもいだす)桜かな。

 俳人 松尾芭蕉が伊賀(三重県伊賀市)でよんだ俳句です。

 さまざまな桜を思い出しながら、今年の桜をながめる。

 そして、「来年も美しい桜を見たい」と願うと、生きる意欲がわいてくる。

 これを覚えていてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA