200210 齋藤孝 / 『小学校では学べない一生役立つ時間の使い方』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★齋藤孝 / 『小学校では学べない一生役立つ時間の使い方』

●「時は金なり」

 時間はお金と同じ、いやそれ以上に大切な財産なんだ。

 自分の時間は他人の時間を取りかえることはできないし、

 一度過ぎ去った時間は、二度と取り戻すことはできない。

 後で後悔しないために、子どものうちから、

 時間を上手に使う練習をしておこう。

●やるべきことを早く終わらせれば、自分の自由な時間も大切にできる。

 自由な時間をつくるためには、勉強や習い事などやるべきことを

 テキパキと終わらせて、ムダな時間を減らす必要がある。

●未来の時間を上手に使うためには、管理することが大事。

 学校の時間割もそのひとつ。

 その日に何を勉強するか決まっているから、

 時間をムダなく効率良く使える。

 あらかじめ時間の使い方を決めて管理すると、

 頭の中で予測して準備することができる。

 次はこれ、次はあれ、という風にリズムができるからあわてずに済む。

 1週間のリズムも大事だから、やるべきことを決めて、

 カレンダーや手帳に予定を書き込むようにしよう。

 後で後悔しないためにも、未来の時間を管理する習慣を身に付けよう。

●1週間、7日間のうちでも、元気な日と疲れてくる日があるから、

 いつ大事なことをやったほうがいいか考えよう。

●1か月は4~5週間、1年は52週間だから、

 1週間ごとの計画で君の未来は決まるよ。

●3色ボールペンで、

 赤・・・すごく大事なこと。必ずやる。

 青・・・まあまあ大事なこと。できればやる。

 緑・・・自分だけがやりたいこと。好きなときにやる。

 赤はあまりつめ込みすぎないようにしたほうがいいよ。

●手帳に予定はもちろん、

 面白かったことや気になったことも書いておくと、

 後で見返したときに楽しめる。

●目標を決めて、できたことが増えると、毎日が面白くなってくるよ。

●もしできなかったとしても、予定を立て直して、

 またチャレンジすればいいからね。

●ピーター・ドラッカー

「現代経営学の父」とも呼ばれている。

「マネジメント(経営の管理)」「民営化」「知識労働者」

 といった言葉を生み出した。

「時間をマネジメント(管理)できない者は、

 他のなにものもマネジメントできない」と言っている。

●時間管理法「アクションプラン」

 具体的な計画を作って実行するやり方。

 行動する前に目標をつくり、それをいつまでにやるかを決めて、

 計画に沿って実行。

●集中力は、練習することで高まっていく。

●作家 スティーヴン・キング「外界シャットアウト術」

「この時間はこの場所で勉強して、他のことはやらない。電話にも出ない」

 と決め手、シャットアウトしていた。

●物理学者 アルベルト・アインシュタイン

 集中するときは集中するけど、リラックスする時間も取り入れることで、

 メリハリのある生活を送っていた。

●南方熊楠(みなかた くまくす)

 何でも書き写していくことで、知識を自分のものにしていった。

 数年がかりで、全105巻の百科事典を書き写したこともあるそう。

●知識の「入力」と「出力」をくり返して、知性を磨く。

●勉強や仕事ができる人を見ていると、時間に遅れないどころか、

 いつも余裕を持って行動している人が多い。

 行きあたりばったりでやっていると8時間かかることも、

 計画的に段取りよく進める人は5時間で終わらせたりしている。

 すると、あまった3時間は遊べるんだよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA