210510 山口真一 / 『なぜ、それは儲かるのか』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★山口真一 / 『なぜ、それは儲かるのか 〈フリー+ソーシャル+価格差別〉×〈データ〉が最強な理由』

●平成元年と令和元年の時価総額ランキングの比較

 トップテン 日本企業 7 → 0

参考:https://723to.com/market-capitalization-ranking-of-world-stock/

●写真産業で急成長を遂げたフォトブック市場

 2006年 10億円以下 → 2018年 130億円

●FSP-Dモデル

 F=Free(フリー)、S=Social(ソーシャル)、

 P=Price discrimination(価格差別)、D=Data(データ)

●FSP-Dモデルの全要素を活用できるサービスの特徴

(1)限界費用がゼロに近い。つまり、デジタル財。

 フリーで大量に提供可能。

(2)ユーザ同士の交流要素がある。

 直接的ネットワーク効果。

(3)プラットフォームサービスとなっている。

 関節的ネットワーク効果。

(4)他社と差別化可能。

 価格差別の前提条件。

(5)熱心なユーザの出現が見込める。

 多段階価格差別。

※必ずしも全要素を使わなければいけないわけではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA