210514 山口真一 / 『なぜ、それは儲かるのか』2 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★山口真一 / 『なぜ、それは儲かるのか 〈フリー+ソーシャル+価格差別〉×〈データ〉が最強な理由』

●情報財の多くは限界費用が限りなくゼロに近い。

・情報財・・・

 情報産業が生み出す製品やサービスのこと。

 例:テキスト、ニュース、アプリ、データなど。

・限界費用・・・

 経済学用語で

「生産量を1単位だけ増加させたときに追加でかかる費用」のこと。

●完全同質財(市場競争が起こっている財(製品・サービス)で、

 どの企業から買っても差がないと消費者に思われているもの)は、

 価格が限界費用まで低下する。

●コモディティ化

 商品・サービスが差別化できなくなること。

●カニバリゼーション(共食い)

 自社の製品がほかの自社製品の需要を奪ってしまうこと。

●フリーミアム

 フリー+プレミアム

□BowNow

 無料で使えるマーケティングオートメーション。

https://bow-now.jp/

●実験

 500以上の楽曲の半年分の時系列データを分析した結果、

 YoutubeでMV(ミュージックビデオ)の無料配信を行うことで、

 CDの売上が増加する効果が検出された。

 プロモーション効果が

 カニバリゼーション効果(MVで満足してCDを買わない)を

 上回っていたといえる。 

●ダートマス大学 ジェフリー・G・パーカー教授ら

 情報社会前の巨大企業は、

 供給側の規模の経済(生産規模や生産量を高めるほど、

 生産コストが減少して企業の利潤が増えること)によって誕生したが、

 現代の巨大企業は需要側の規模の経済(ユーザ数が増えることで

 ネットワーク効果が働くこと)によって誕生している。

●バイラルマーケティング

(viralは本来、「ウィルスの」「ウィルス性の」という意味)

・キリンビール 淡麗グリーンラベル

「ツイッターおにごっこキャンペーン」

 #イインダヨとツイート>

 30分以内にキャンペーンアカウントから返信されなければ、

 抽選で淡麗グリーンラベルが当たるという企画。

・ワービー・パーカー(Warby Parker)

 ニューヨーク発の通販メインのアイウェアブランド

「ホーム・トライオン(Home Try-On)」

 消費者は5つまで眼鏡を注文し、5日間自由に試着できる。

 ただし、Instagramでハッシュタグ#warbyhometryonで、試着姿を投稿する。

・ドロップボックス(Dropbox)

 フリーのユーザ「新規ユーザを紹介したらストレージの容量を増やす」

 というプロモーション。

●発信するための消費

 ソーシャルメディアに投稿する写真を撮る目的で、

 商品やサービスを消費する。

●一人勝ち = Winner-Takes-All

●『フリー』著者のアンダーソン氏

 限界費用が限りなくゼロに近い情報財では、

 有料ユーザが5%いればサービスとして成立する(5%ルール)

 と述べている。

□米国 電子カルテ企業 プラクティス・フュージョン(Practice Fusion)

 無料クラウド型カルテ

https://www.practicefusion.com/

●ビコリム戦争(Bicholim Conflict)

 ウィキペディアで5年掲載されていた記事だが、

 このような戦争は歴史上存在しなかった。

●カルフォルニア大学 ニーズィー教授の実験

 保育園でお迎えに遅刻する親を減らすために、罰金を導入。>

 罰金を導入した後ではむしろ遅刻する親が増えた。

 迷惑をかけまいと時間通りに迎えに行っていた親たちが、

「遅刻しても罰金を払えば良い」と思うようになってしまった。

●ゲーム実況も、CDのMV同様、販売数を増加させる効果があった。

●人はフリーが大好きで、

 ひとたびフリーのものが市場に参入してきた場合、

 どんなに品質に差をつけていたとしても、

 多少価格を下げるだけでは顧客を呼び戻せない。

 フリーに対抗できるものはフリーしかない。

●フリーが失敗する3つの理由

(1)コモディティ化

消費者のほとんどが、差に大きな価値を見出していない。

(2)熱心なユーザの欠如

(3)何に課金するか

「制限の撤廃」だけでなく、

「新たな価値・体験」が得られることを提示しないと失敗することが多い。

●ツイッターも近年まで赤字続きだった。

 ある程度の期間の赤字継続を覚悟する必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA