210602 山口揚平 / 『企業分析力養成講座』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★山口揚平 / 『デューデリジェンスのプロが教える 企業分析力養成講座』

●投資をするにあたり知りたい2つのこと

(1)会社の価値の源泉は一体何か?

(2)この会社の妥当な”値段”。

●企業精査・・・デューデリジェンス

 企業価値評価・・・バリュエーション

●因果のマトリクス

(1)過去の結果(財務諸表)

↓デューデリジェンス(分析)

(2)過去の事業構造

↓デューデリジェンス(洞察)

(3)将来の事業構造

↓バリュエーション(推計)

(4)将来の結果(企業価値)

●企業を分析する9の視点

ビジネス(事業)マーケット←—→キャピタル(資本)マーケット

↑ 外部環境

|(1)社会動向 |(2)マクロ経済 |(3)資本市場

|(4)市場構造(業界)|(5)収益構造(P/L)|(6)資本価値(B/S)

|(7)競争構造 |(8)事業構造 |(9)資本政策

↓ 内部環境

●3C

 Customer(顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)

=市場構造、    競争構造、     事業構造   に相当。

●事業の価値を評価する3つの方法

(1)資産が生み出す収益やキャッシュフローをもとに、

 事業の価値を分析する(フローを見る)。

(2)貸借対照表に載っている資産の価値を分析する。

(3)同じような業態の会社と比較する。

□土地総合情報システム

https://www.land.mlit.go.jp/webland/

●B/S 4つに分解

(1)事業用資産

 事業運営に使っている資産のこと。

 有形固定資産、無形固定資産。

(2)非事業用資産

 事業に直接使っていない資産。

 余剰の現金や事業に使っていない土地、有価証券など。

(3)運転資本

「つなぎ資金」のこと。

 売掛金、棚卸資産、買掛金。

 運転資本 = 売掛金 + 棚卸資産 - 買掛金 = コスト

(4)調達資本

 企業が事業を行なううえで調達した資本。

 銀行と株主からどのようなバランスでお金を調達しているか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA