210609 田口弘 / 『起業革命』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★田口弘 / 『起業革命 「スタートアップ」のプロが伝授する事業創出のノウハウ』


・プロダクトアウト

 企業がモノを作り、

 その後それをどのマーケットに投入するかを決定すること。

「売る」ことに重きを置いた営業型事業。

・マーケットアウト

 ビジネスの起点そのものをマーケット(顧客)に求めます。

 マーケット起点で構築したビジネスを

 マーケットアウトビジネスと定義づけています。

 ニーズに「応える」開発型事業

●ミスミ

 メーカーの商品を「売る」から

 マーケットが必要な商品を「買う」へと転換。

 売るためにかけていたコストは

 顧客が欲しいものを知るためのコストへと変化。

●ハーフメード方式

 部品を半完成品の状態で在庫し、

 顧客の注文があってから最終工程を仕上げる。

●マーケットアウト事業創出をする過程で意識すべきの5つのキーワード

(1)マーケット起点

 マーケット = ターゲット x ニーズ

 ターゲットとそのニーズをセグメントすることが何よりも肝心。 

(2)購買代理店、

(3)オープンポリシー

 顧客の利益になることはすべてオープンにするべきで、

 隠さなければならない情報自体が存在しない。

 情報はオープンにすればするほど信頼につながり、有利に働きます。

(4)持たざる経営

 企業が常にマーケットの都合を優先できる状態を保つためには、

 可能な限り自社都合を作らないこと、

 つまりマーケットの都合に合わせ

 柔軟にビジネスモデルの変更ができることが重要となるからです。

(5)クロスファンクショナル

 あえてマーケットを特定することが事業成長につながると考えます。

 最初にターゲットを特定し、そのニーズに基づいたビジネスを設計します。

 クロスファンクショナル・チーム

 複数の部門や職位から様々な経験やスキルを持った人材を集め、

・若い女性向けにインターネットでジュエリーを売っていたEC事業者

 顧客調査を行ったところ、全体の5割以上が男性だった。

 理由は、男性が女性ばかりのジュエリーショップに入るのは恥ずかしい。

→「男性向け女性用プレゼント」というカテゴリーを新たに設けた。

 経営課題を解決すること。

●マーケットアウトの強みが発揮されにくい分野

・製造コストの比重が非常に高い分野は、

 プロダクトアウトビジネスの方が有利です。

「製造コスト > 販売コスト」となっている分野。

 例:プラントや工作機械、原材料

・マーケットアウトの方が有利な分野

「製造コスト < 販売コスト」になっている分野。

 また、個人や中小規模の企業など、顧客の規模が小さく、

 供給者都合が強い分野も狙い目です。

 BtoCである消費財の市場は、顧客が一般消費者(=個人)なので、

 マーケットアウトが最も活きる分野の一つといえます。

●マーケットアウト・ビジネスは、

 消費者の利益を最大化するビジネスです。

 ですが単に消費者のニーズを満たすだけでは、事業として成り立ちません。

「絶対的な付加価値」の創造が不可欠です。

「絶対的な付加価値」とは、大企業や既存の業者では、

 やりたくても実現できないオリジナリティのある価値です。

●アイデアが一つだけでビジネスモデルの検討が不十分だと、

 事業成長の天井がすぐにきてしまいます。

 しかも現在は一つのモノやサービスがあっという間に陳腐化する時代です。

 大企業や既存業者がやろうとしてすぐできるような内容であれば、

 すぐに追いつかれ追い越されてしまうでしょうし、

 特にBtoCの分野では、消費者の好みは刻々と変化をしますから、

 それに対応できるようなビジネスモデルを

 構築しておかなければいけないということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA