210707 佐藤和明 / 『いまさら聞けないWebマーケティング』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★佐藤和明 / 『いまさら聞けないWebマーケティング 初歩から学べる集客のセオリー』

●枠売り広告

 2015年9月、Yahoo!JAPANトップページの広告枠は、

 1週間掲載で最低850万円からという条件になっています。

●検索連動型広告

 検索エンジンの検索結果と同時に表示される。

 運用型広告。

「入札制」「広告最適化」「広告配信ネットワーク」

 といったキーワードが重要。

●運用型広告の選定

「検索連動型広告」

「コンテンツ連動型広告」

「リマーケティング広告」

 自社のWebサイトを訪れたユーザーが、

 他のWebサイトへアクセスした際にも広告を表示します。

●ネット広告の課金

「クリック保証型」

「インプレッション保証型」

 広告が表示された回数に応じて、広告料金が発生します。

「期間保証型」

「成果報酬型」

●購買プロセス

(1)AIDMA

 Attention(注意)、Interest(興味)、Desire(欲求)、

 Memory(記憶)、Action(購買)

(2)AIDA

 Attention(注意)、Interest(興味)、Desire(欲求)、

 Action(購買) 

(3)AIDCA

 Attention(注意)、Interest(興味)、Desire(欲求)、

 Conviction(確信)、Action(購買)

(4)AIDAS

 Attention(注意)、Interest(興味)、Desire(欲求)、

 Action(購買)、Satisfaction(満足)

(5)AISAS

 Attention(注意)、Interest(興味)、

 Search(検索)、Action(購買)、Share(情報共有)

(6)AISCEAS

 Attention(注意)、Interest(興味)、

 Search(検索)、Compparision(比較)、Examination(検討)、

 Action(購買)、Share(情報共有)

●ネット広告

「PC型」「スマホ型」「携帯電話型」「ソーシャルメディア型」

●Twitter広告

「プロモアカウント」

「おすすめユーザー」でアカウントをフォローしてもらうための広告。

「プロモツイート」

 タイムラインの上部にツイートを表示して、プロモーションを行います。

「プロモトレンド」

 ハッシュタグ(#)をいれる。

□aguse

あやしいサイトや知らないサイトを訪れる前に、

URLを入力するだけでサイト背景情報を調査したり、

迷惑メールの送付経路を表示したりすることが出来ます。

https://www.aguse.jp/

●プレスリリースサイト

・DrectPress!プレスリリース

http://www.directpress.jp/

・ValuePress!

https://www.value-press.com/

・WEB PR

https://prsites.biz/

・ハーモニープレス

http://news.harmony.ne.jp/

●トリプルメディア

「オウンドメディア」

 オウンド。所有する(owned)。

 自社のWebサイトやメルマガ

「ペイドメディア」

 ペイド。支払う(paid)。

 ネットや広告

「アーンドメディア」

 アーン。稼ぐ(earned)。

 TwitterやFacebook、ブログなどは消費者が情報発信するタイプのメディアで、

 CGM(Consumer Generated Media)といわれます。

 日本語だと「消費者生成メディア」です。

●ソーシャルメディア4つの活用モデル

(1)傾聴型・・・・・ネットの声を拾う。

(2)情報流布型・・・自社の話題を投稿する。

(3)関係構築型・・・顧客と対話を図る。

(4)情報交換型・・・コミュニケーションを活性化。

□Hashtagify.me

 関連性の高いハッシュタグを検索できる。

https://hashtagify.me/hashtag/Palestine

□Hashtracking

 ユーザーにリーチするハッシュタグかどうかを調べる。

https://www.hashtracking.com/

●Twitter 分析ツール

・Hootsuite

https://www.hootsuite.com/ja/

・Engage Manager

https://engagemanager.tribalmedia.co.jp/

・Social Insight

https://sns.userlocal.jp/

・comnico Marketing Suite

https://www.comnico.jp/products/cms/jp

・Beluga

https://beluga.uniquevision.co.jp/

●世界第2位の検索エンジン「YouTube」

 検索される回数は全世界でGoogleがトップで、

 2番目がYouTubeという状況なのです。

●O2O(オーツーオー)マーケティング

 Online to Offline。

 オンラインであるネット上から、オフラインの実店舗へと顧客を誘導し、

 集客するマーケティング施策のことです。

●ソーシャルメディアにおいて伝播(でんぱ)力を持った人

・インフルエンサー

 芸能人、読者モデル、スポーツ選手など、

 不特定多数に影響力がある人のこと。

・アンバサダー

 アンバサダーには「大使」「使節」という意味。

 商品やサービスを気に入っているファンで、

 ほかの人にも推薦してくれる人を指します。

・エバンジェリスト

 語源は、キリスト教の伝道師です。

 会社などの組織に所属しており、

 その会社が販売している商品やサービスを消費者に伝える役割を担います。

●HubSpot インバウンドマーケティング

・Strangers(見知らぬ人)

↓ATTRACT(惹き付ける)

・Visitors(訪問者)

↓CONVERT(転換)

・Leads(見込み客)

↓ CLOSE(顧客化)

・Customers(顧客)

↓ DELIGHT(満足させる)

・Promoters(プロモーター)

●ゲーミフィケーション

「課題」「報酬」「交流」という3つの要素があり、

 この考え方はビジネスにも応用できます。

例:facebook

 店舗でチェックイン(課題)→クーポン(報酬)→友人などに伝える(交流)

●アクセスログ解析

・外部要因の解析

 どこに(Where)、どのように(How)


・内部要因の解析

 何を(What)、なぜ(Why)、いつ(When)、誰(Who)


・コンバージョンまでの導線を確認。問題点を確認。


5W1Hでレポートを作成。

●アクセスログ解析レポート

・週次レポート

(1)新たな被リンク探し(ソーシャルメディアの伝播を含む)

(2)アクセス数の動向とコンバージョン

(3)自社Webページの閲覧数増減(離脱含む)

・月次レポート

(1)月ごとのアクセス数とコンバージョンの推移

(2)問い合わせ数

(3)トップページのアクセス数と離脱

(4)その他のページアクセス数と離脱

(5)検索キーワードでのアクセス数

(6)平均ページ閲覧数

(7)サイト滞在時間

(8)プロモーション効果(ソーシャルメディアの伝播を含む)

●効果測定

 URLの最後に半角の「?」を付け、任意の文字列を続けると、

「引数」を作成できます。

 末尾を変えて作成することで、

 どのプロモーションに効果があったのか理解できます。

●用語

・CPA

 Cost Per Acquisition。顧客獲得単価。

 顧客1人を獲得するために要する広告コストのこと。

・CPC

 Cost Per Click。

 クリック1回あたりの料金(平均クリック単価)のこと。

 CPC(クリックあたり単価)=広告費 / クリック数

・CPM、eCPM

 Cost Per Mil。effective Cost Per Mill。

 広告が1000回表示(インプレッション)されるのに必要な単価。

・CPL

 Cost Per Lead。

 問い合わせのみの見込み客を獲得するコストを計る指標。

・LTV

 Life Time Value。顧客生涯価値。

 1人の顧客がある商品やサービスを通じでもたらす利益。

・ROAS(ロアス)

 Return On Advertising Spend。広告投資費用の回収率。

・ROI

 Return on Investment。投資収益率。

・オーガニック

 検索結果からSEO対策などでアクセスを確保する方法を

「オーガニック検索」「自然検索」と呼ぶ。

・CTR

 Click Thurough Rate。クリック率。

 ネット広告を出稿した際、

 広告の表示回数に対して広告がクリックされた割合を示します。

・CVR

 Conversion rate。コンバージョン率。

 コンバージョン(CV)は、成約の意味があり、Webサイトの目的である

 商品購入や会員登録、資料請求を達成することを意味します。

・リファラ

 リンクをクリックして別のWebページへ移動した場合、

 リンク元のページを「リファラ」と言います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA